<< 発酵食スペシャリスト養成講座の資格取得のメリット | main | 発酵食スペシャリスト養成講座の取得期間の目安・傾向 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


発酵食スペシャリスト養成講座資格取得方法

発酵食スペシャリスト養成講座資格取得方法は、「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座を修了することです。

発酵食スペシャリストとは「醸しにすと」のことです。

「醸しにすと」は、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会が認定する発酵食の知識とノウハウの習得を証明する資格です。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細を「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座のサイトで確認してください。

「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座は伝統と実績があります。

「がくぶん総合教育センター」の通信教育システムは優れているので多くの受講生に人気があります。

優れた通信教育システムには3つのポイントがあります。

・プロの専門家監修のがくぶんオリジナルの教材

・初心者でも安心のステップアップ学習方式

・専門家による分かりやすい個別指導などです。

会社勤務で通学制講座に通えない人は通信教育講座を受講しませんか。

通学不要で決められた講座時間がないので自宅でマイペース学習ができます。

家事や育児が忙しくてまとまった学習時間が確保できない主婦にもおススメします。

家事や育児のスキマ学習を活用した学習で講座を続けられます。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座資格取得方法の紹介をします。

1)発酵食スペシャリスト

発酵食スペシャリストは一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の資格です。

醸しにすとの上位資格に醸しにすと“極”があります。

発酵食スペシャリスト養成講座資格取得方法は、「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座を修了することです。

講座修了で醸しにすとを取得したら、醸しにすと“極”にも挑戦しませんか。

醸しにすと“極”資格の取得方法は、2日間の会場での集中講座の修了です。

2)発酵食を活かしたい

発酵食スペシャリスト養成講座資格取得方法は、「がくぶん総合教育センター」の認定講座を修了するのがベストです。

ライフスタイルに合わせて自宅でマイペース学習ができます。

発酵食の通信教育講座は、

・発酵食をもっと食べたい人・発酵食をもっと知りたい人

・発酵食を楽しみたい人・健康と美容を「食」で実現したい人

・料理のレパートリーを増やしたい人・「食」の仕事に活かしたい人

・食育活動に活かしたい人におススメします。

3)発酵食のいろいろ

発酵食スペシャリスト養成講座資格取得方法は、「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座を利用したマイペース学習です。

標準受講期間は4ヶ月です。

多くの受講生は標準受講期間の4ヶ月で講座を修了して「醸しにすと」の資格を取得しています。

「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座では、

・「塩麹」などの発酵食・味噌などの調味料の使いこなし方

・発酵食の効果や正しい選び方・発酵食の調理法のコツ

・発酵食に関する知識と技能などです。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は、
「がくぶん総合教育センター」と一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会のサイトで確認できます。

認定講座を修了して醸しにすと(発酵食スペシャリスト)を習得して「食」の仕事に活かしてください。







スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • 11:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク