<< 発酵食スペシャリスト養成講座の取得期間の目安・傾向 | main | 発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座 >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


発酵食スペシャリスト養成講座合格率・合格ライン

発酵食スペシャリスト養成講座合格率・合格ラインをクリアするには、発酵食の正しい知識とノウハウを習得することがポイントです。

発酵食の正しい知識とノウハウは「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座で学べます。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は、「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座のサイトとホールフード(WholeFood)協会のホームページで確認できます。

「がくぶん」の通信教育の発酵食の養成講座は、ホールフード(WholeFood)協会の認定講座です。

「がくぶん総合教育センター」の発酵食スペシャリスト養成講座で、納豆・味噌・醤油・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酢・酒などの発酵食の正しい知識とノウハウを習得しませんか。

「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座には優れた通信教育システムがあります。

・発酵食の専門家が監修したカリキュラムとオリジナル教材

・ステップアップ学習システム

・発酵食の専門家による個別指導などです。

通信教育講座なので家事や育児の合間のスキマ時間を利用したマイペース学習ができます。

通学制講座に通えない会社勤務の女性でもライフスタイルに合わせたマイペース学習ができます。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座合格率・合格ラインを紹介します。

1)発酵食スペシャリスト養成講座の合格ライン

発酵食スペシャリスト養成講座合格率・合格ラインをクリアすれば「醸しにすと」を取得できます。

「醸しにすと」は一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定資格です。

ホールフード(WholeFood)協会の認定講座は、伝統と実績のある通信教育機関の「がくぶん総合教育センター」にあります。

「がくぶん総合教育センター」の発酵食スペシャリスト養成講座で発酵食の知識とノウハウを習得できれば「醸しにすと」を取得できます。

2)「醸しにすと」の合格ライン

「醸しにすと」の取得には、発酵食スペシャリスト養成講座合格率・合格ラインをクリアすることです。

・ホールフード(WholeFood)協会の認定講座の「がくぶん総合教育センター」の発酵食の通信教育講座の課題をクリア

・認定講座を修了できれば合格ラインをクリアできます。

「醸しにすと」の取得には、納豆・味噌・醤油・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酢・酒などの発酵食を使った美味しい料理つくりの知識とノウハウを習得する必要があります。

3)通信教育講座で合格

発酵食スペシャリスト養成講座合格率・合格ラインをクリアするためには、ライフスタイルに合わせたマイペース学習をおススメします。

多くの受講生は標準受講期間4ヶ月で通信教育講座を修了して「醸しにすと」を取得しています。

家事や育児や会社勤務と両立したマイペースの自習と優れた通信教育システムで、納豆・味噌・醤油・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酢・酒などの発酵食の知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん総合教育センター」の通信教育のサイトに発酵食スペシャリスト養成講座の詳細が紹介されています。

「がくぶん」の通信教育講座を利用したマイペース学習で、納豆・味噌・醤油・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酢・酒などの発酵食の知識とノウハウを習得すれば「醸しにすと」になれます。





スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • 11:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク