<< 発酵食スペシャリスト養成講座合格率・合格ライン | main | 醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違い >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座

発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座は「がくぶん総合教育センター」にあります。

「がくぶん総合教育センター」は、伝統と実績がある通信教育機関です。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細のサイトには講座概要・受講のポイント・教材構成が紹介してあります。

発酵食スペシャリスト養成講座では、タカコナカムラ先生の研究と経験による発酵食の知識とノウハウを学べます。

発酵に関する専門知識だけではなく発酵食の良さを活かしたレシピまで幅広いノウハウを学べます。

タカコナカムラ先生は、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の代表理事です。

一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会には美容・健康・食育に役立つ食の資格が揃っています。

「がくぶん総合教育センター」の発酵食スペシャリスト養成講座は、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定講座です。

発酵食スペシャリスト養成講座を受講してみませんか。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座の紹介をします。

1)醸しにすと

「がくぶん総合教育センター」の発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座で、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会のタカコナカムラ先生の研究と経験による発酵食の知識とノウハウを学びませんか。

ホールフード(WholeFood)協会の認定講座である発酵食スペシャリスト養成講座を修了すれば、「醸しにすと」の資格を取得できます。

「醸しにすと」は、ホールフード(WholeFood)協会が認定する発酵食の知識とノウハウの習得を証明する資格です。

2)ホールフード協会

「がくぶん総合教育センター」の発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座修了で取得できる認定資格の他にも、ホールフード(WholeFood)協会には「食」の資格があります。

ホールフード(WholeFood)協会の「食」の資格には、

・WholeFoodジュニアマスター(基礎)

・WholeFoodシニアマスター(応用)

・WholeFoodスペシャリスト(マスター)

・野菜コーディネーター

・醸しにすと・醸しにすと“極”などがあります。

3)「がくぶん」の通信教育

「がくぶん総合教育センター」の発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座を修了して、「醸しにすと」の資格を取得しませんか。

「がくぶん総合教育センター」の通信教育講座には優れた通信教育システムがあります。

専門家が監修したオリジナル教材・ステップアップ学習方式・専門家による個別指導などです。

通信教育講座は通学不要で決められた講座時間がありません。

家事や育児が忙しくてまとまった学習時間が確保できない女性でもマイペースのスキマ学習で講座を進められます。

会社勤務で通学制講座に通えない女性でも講座を続けられます。

「がくぶん総合教育センター」のサイトで発酵食スペシャリスト養成講座の詳細を確認してください。

発酵食スペシャリスト養成講座は、タカコナカムラが代表理事を務める一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定講座です。

認定講座修了で「醸しにすと」の資格を取得できます。







スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • 11:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク