<< 発酵食スペシャリスト養成講座の通信講座 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違い

醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いは、資格を認定する団体や資格取得方法です。

「醸しにすと」の認定団体は一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会です。

「食育インストラクター」の認定団体は特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会です。

一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会のホームページに発酵食スペシャリスト養成講座の詳細が紹介されています。

特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会のホームページに食育インストラクター資格について紹介されています。

次に、醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いを紹介します。

1)「かもしにすと」について
醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いを分かりやすくするために、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定資格について紹介します。

ホールフード(WholeFood)協会には6つの資格があります。

ホールフードの資格と野菜の資格と発酵食の資格です。

ホールフードの資格には、WholeFoodジュニアマスター・WholeFoodシニアマスター・WholeFoodスペシャリスト(マスター)があります。

野菜の資格には、野菜コーディネーターがあります。

発酵食の資格には、醸しにすと・醸しにすと“極”があります。

2)食育インストラクター

醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いを分かりやすくするために、特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会の資格について紹介します。

食育インストラクターには一級・二級・三級・四級・プライマリーの5つの資格があります。

食育インストラクターは“食育”の指導者の証となる資格です。

3)通信教育講座で取得

醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いを分かりやすくするために「かもしにすと」について紹介します。

「かもしにすと」は「がくぶん総合教育センター」の発酵食の養成講座を修了すれば取得できます。

発酵食スペシャリストの認定資格は、納豆・味噌・醤油・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酢・酒などの発酵食の知識とノウハウを習得している証明になります。

通信教育講座なので、会社勤務や家事や育児で通学制講座に通えない女性におススメします。

会社勤務の女性は早朝・夜間・休日を利用したマイペース学習ができます。

家事や育児でまとまった学習時間が確保できない女性はスキマ時間を利用して学習できます。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん総合教育センター」とホールフード(WholeFood)協会のホームページで確認できます。

「醸しにすと」は「がくぶん総合教育センター」の発酵食の通信教育講座を修了すれば取得できます。

特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会には、一級・二級・三級・四級・プライマリーの5つの資格があります。








スポンサーサイト

  • 2016.08.13 Saturday
  • -
  • 11:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク